ジガンティアのこだわり

Filed under The Gigantea

お米について

お米はチェンライで精米したてのものを毎週入荷しています。ただし、天候などの影響により、お米の質があまり良くない時には、バンコクから上質のカリフォルニア米を仕入れています。
ご飯は、北海道産の昆布と、不純物を吸い取るという竹墨を入れて炊き上げます。タイのお米の収穫時期は年に2度あるのですが、2度目の収穫米は1度目のより風味が劣るようですので、昆布を多めに入れたり、毎年5月に入手する新鮮な蜂蜜を利用することもあります。


揚げ物のパン粉

トンカツや海老フライなどの揚げ物用のパン粉は、ジガンティアで焼き上げたフレッシュなパンを使った自家製です。


安全な豚肉と鶏肉

豚肉や鶏肉は、安全な有機飼料と、自由に動き回れる環境で育ったものを使っています。特に豚はとても繊細な動物で、豚舍に閉じ込めて不衛生な環境で育ったものは病気持ちである可能性も高くなり、その結果大量の抗生物質が投与されていたりします。抗生物質漬けの豚肉を習慣的に食し、私達の身体の耐性菌が増えたら、感染症治療薬が効かなくなってしまう。私達の健康のためにも、安全な肉の確保が非常に重要になってきます。


お出汁について

鰹節はインド洋で捕れた鰹を利用、出汁用の昆布は北海道から輸入しています。


生で食べられる卵

卵は、有機飼料で育てられた放し飼いの鶏の有精卵です。生卵ご飯も安心してお召し上がりになれます。


有機野菜

野菜は出来る限りオーガニックや低農薬のものを使い、農家の方々の顔が見える野菜を使うようにしています。
出来る限り安全な野菜を仕入れるようしていますが、天候や畑の状況により安定した供給がされないことが多いのがオーガニック野菜・・・。定番の有機野菜が、どうしても入手できなかった場合、通常の野菜を重曹水に浸すなどして、残留有害物質を出来るだけ洗い流すようにしています。


自家製あれこれ

揚げ物用のソースは、たくさんの野菜と香辛料、ハーブなどをコトコトと煮込んだ自家製です。ドレッシングもサラダの特徴に合わせて数種類手作りしています。
納豆やお豆腐もジガンティアで作っています。(お豆腐は手作りものを買ってくる場合もあります)
梅干しは、毎年山で採れる野生の梅から作っています。



自慢のデザート

お芋やカボチャ、小豆などの豆類など、日本人に親しみ深い素材を使って、ひとつひとつ手作りしています。ランチセットの一部であるミニ・デザートはジガンティアの人気の一つです。また普通サイズのデザートもございますので「本日のデザート」をチェックしてくださいね。


生ゴミの処理

お手軽なコンポストを利用して、ジガンティアの生ゴミはフワフワで新鮮な土に生まれ変わります。コンドーのバルコニーでも利用可能なコンポストに興味のある方は、ジガンティアまでお問い合わせください。



このページのトップへ